風水学では台所が一家の健康運を左右する重要な場所と考えています。それだけではなく台所は家相にとって金運を司る財位でもあります、特に女性家族に影響を与えることが多いです。

正しいキッチン作りは家族の運勢を良い方向へ導き、家運に繁栄をもたらします。

ここで風水上台所の関連性と注意点を解説します。

キッチンの方角の吉と凶

1、もっともキッチンに適した方角は東と南東です

 

東は金運を上昇させる財気がやってきます、それに東の方角は八卦で震位であり、五行で木の属性を持ちます。相生相剋の理論では木は火に生気を与え、火の属性を持つキッチンの運気を上げる効果もあります。東にキッチンを作ると金運が自然に流れ込んでくるので大吉です。これと同じように南東の方角は巽位で木の属性を持つのでキッチンの場所に適しています。

2、キッチンを作ってはいけない方角は二つあります

 

北西と南の方角はキッチンを作るのに適しません。北西は五行で金の属性を持ち風水学では「天門」とも呼びます、北西にキッチンを作ると火と金が相剋して、「火焼天門」(男性家族、特にご主人さんの仕事運と金運を下げる)の家相になってしまいます。南は朱雀で火の方角であり、キッチンを作ると陰陽の陽が強すぎて、家族の健康運に影響を与えてイライラしやすくなり、情緒不安定につながります。

風水上台所の注意点

1、キッチンと玄関やトイレのドア

 

中国·風水の原点《葬経》で「灶見門、財焉入戸哉」(台所が玄関と向き合っていると金運がどうしても家に入って来ない)と記載されています。玄関は金運や福が入ってきてくれる場所で、キッチンが玄関に向いてるとせっかくの良い運気をはねかねしてしまいます。包丁などの鋭利な刃物も良い運気を断ち切ってしまうので、玄関からキッチンが見える家相は良い家相とは言いにくいです。また、トイレのドアがキッチンに向いていると「穢気」(穢れた気)がキッチンに入ってしまい、健康に影響が出るので避けてください。

2、キッチンの色は赤を避けるべき

 

赤は火が強く、台所の火と相まって陽の気が強すぎて家族が心臓疾患や肝臓の病気を患いやすくなります。なるべく明るくて淡い色がおすすめです。

3、洗濯機や水道シンクとガスコンロを隣り合わせにしない

 

水と火が衝突しますので、水道シンクとガスコンロの間に調理場(まな板を置いたらできる場所)を設けたほうがいいです。一般の家庭だとほぼこのような設計になりますが、水道とコンロを隣り合わせで作っている飲食店もありますのでご注意ください。昔は厨房内に洗濯機を置いたりするアパートもありましたが、今はほとんど見かけなくなりました。洗濯機もキッチンから離れた場所に置いたほうがいいです。

4、ガスコンロの上に梁があってはいけない

 

これは風水上で「横梁圧財」と呼ばれるもので、外から来る金運ではなく家族自身が持つ金運まで抑え込んでしまいます。それだけではなく奥さんの気持ちを苛立たせて心の穏やかさを奪ってしまいますのでコンロの上に梁は作らないほうが良いです。(壁沿いの台所は梁の心配する必要はほとんどなく、要注意なのはコンロが部屋の中心部にあるアイランドキッチンなど)

5、キッチンの近くに井戸があると精神不安定になりやすい

 

台所の外に井戸があると強い陰(井戸)と強い陽(火)が隣り合わせになり、陰陽衝突が生じて家族の精神健康を損なってしまう恐れがありますので、井戸とキッチンを離して作るのが基本です。すでに建っている家屋の解決法としては避水符などの御札をキッチンに貼ったほうがいいです。

以上、台所(キッチン)が風水に与える影響と注意点について解説させて頂きました。当鑑定所は家づくりの風水に関する知識をジャンル別に解説ページを設けております。ご興味がある方は気軽にお読みください。

  • 静岡県静岡市葵区駿府町1-19 2F  〒420-0856
  • 手相・四柱推命・姓名判断・風水・占い 淡桂

  • 電話番号 :  054-201-9230
  • お急ぎの場合はお電話ください