家相風水と言えば最初に思い浮かぶのは玄関ではないでしょうか?玄関の家相ももちろん大事ですが、同じぐらい重要に考えて頂きたいのはこれからご紹介するトイレの風水です。

トイレは家にとってなくてはならないものであり、家の金運や健康、方角によっては恋愛運などにも影響を与える場所になります。

風水・家相に良いトイレ(お手洗い)づくりがご家族の健康と幸せを守る重要なポイントになります。この章では家相・風水にとってトイレの注意点を解説します。

トイレの向きと風水家相の影響

1、トイレは玄関に向けない

 

家の玄関は普段人間が出入りする場所であり、色々な運気が出入りする場所でもあります。金運を司るトイレのドアが玄関に向いていると、簡単に流れ出てしまいます。

2、トイレは寝室やリビング、キッチンに向けない

 

寝室はご家族が休息をとる場所であり、両者のドアが向き合うとトイレの「穢気」(穢れた気)が寝室に入ってしまい、情緒不安定を引き起こすことになります。また、リビングはご家族がくつろいだり、来客をもてなしたりする場所であり、家族関係や外部との人間関係が壊れやすく、浮気や不倫などの家庭問題も起きやすくなります。キッチンに向けると健康面においての不安が増えますので、トイレのドアが壁に向けるのがベストです。

3、階段下にトイレを作らない

 

階段下のスペースを有効利用するためにトイレを設置するご家庭も時々見かけます。金運を司る場所なので、便座の上方が傾斜になることや踏まれることは望ましいとは言えません。代わりに物置などに使うことをおすすめします(その場合も注意点があります)

4、トイレに窓が必要です

 

トイレに窓はないけど、換気扇があるからいいじゃないか?と思われる方もいらっしゃいますが、トイレの窓は換気するための物だけではないことを覚えておいてください。

金運を生かす(高める)には生気(流れる陽気)が必要になります。窓のないトイレは陽気の流れが極端に弱くなり、金運を上げることが難しくなりますので、できればトイレに窓を作ったほうがいいです。

トイレの方位・方角と吉凶

1、トイレは北東を避けるべき

 

北東の方角は五行八卦で艮卦であり、鬼門と呼ばれる存在です。北東の方位にトイレを作ってしまうと家の運気を下げることになります。特に男性家族(長男とご主人)の仕事運と健康運がその影響を受けやすいです。

2、トイレは北西を避けるべき

 

北西の方角は五行八卦で乾卦であり、貴人(助けてくれたり、チャンスを作ってくれたりする目上の方)が現れるかどうかはこの方角が一番影響します。命式(運命の格式)に貴人がいるはずなのに、ライバルに邪魔されてチャンスを逃したり、逆に恨みを買ってしまったり、上司とうまく行かないことがないようにご注意ください。

3、トイレは西を避けるべき

 

西の方角は五行八卦で兌卦であり、この方位にトイレを作ると夫婦関係が悪い影響を受けます。夫婦の相性を悪くしてしまい、浮気と不倫を誘発します。それだけではなく、子供の恋愛運、結婚運も影響受けるので、西の方位にトイレは作らないほうがいいです。

トイレが風水・家相に与える影響と基本的な注意点について解説させて頂きました。当鑑定所は家づくりの風水に関する知識をジャンル別に解説ページを設けております。ご興味がある方は気軽にお読みください。

  • 静岡県静岡市葵区駿府町1-19 2F  〒420-0856
  • 手相・四柱推命・姓名判断・風水・占い 淡桂

  • 電話番号 :  054-201-9230
  • お急ぎの場合はお電話ください​