風水・家相において階段設計時の注意点

1、階段は決して玄関と向き合わせない

 

風水・家相の観点ではもっとも良い運気を招き入れるポイントは玄関にあって、家の魂と言えます。階段が玄関に向き合わせることは風水学で「牽牛殺」と呼ばれており、家運全体(特に金運と仕事運)が下がります。階段の背中も玄関に向かないようにするのも大事です。

2、階段は家の中心に作らない

 

建物の真ん中に通っている階段は家を真っ二つに切る形になります。夫婦関係や親子関係に大きな影響を与えます。

一段目が家の中心に位置するならまた良いですが、最後の段が中心に位置することは大凶であり、絶対に避けるべきです。

家相が気になるなら家の城門位、もしくは生気、延年、天医位などに作れば良いでしょう。九星派風水には「生气方」と「旺气方」に階段を設計したほうが良いという観点もあります。逆に「耀殺方」に設計すると揉め事や事故に巻き込まれやすくなります。

3、階段の角度は緩やかにすべき

 

コの字と折り返し設計が急な階段の角度を調整してくれるので良い考え方です。小さめの家なららせん階段も一つの良い選択肢になります。

4、階段下のスペースの有効利用

 

階段下のスペースは貯蔵庫などに有効利用しても良いですが、トイレを作らないほうが良いです。貯蔵庫を作る場合は金品を収納しないことが大事です。(金運が下がります)

5、階段の段数が吉凶を分けます

 

意外と知られていないことですが、一般的に考えられているのは「生死旺絶」の四字要訣を守ることが大事です。健康と子孫繁栄に関わる事なので軽くみてはなりません。

6、階段は明るさが必要です。

 

階段部分の採光が家族の健康(特に精神面)に直接の関係がありますので、採光窓などで日光を取り入れたほうが良い、建築基準法上で採光窓を設けられない場合は対策が必要です。

これ以外にも例えば家主の性別によって階段の左右や玄関先の段差との関連性など色々な風水禁忌があります。階段が風水・家相に与える影響と基本的な注意点について解説させて頂きました。当鑑定所は家づくりの風水に関する知識をジャンル別に解説ページを設けております。ご興味がある方は気軽にお読みください。

  • 静岡県静岡市葵区駿府町1-19 2F  〒420-0856
  • 手相・四柱推命・姓名判断・風水・占い 淡桂

  • 電話番号 :  054-201-9230
  • お急ぎの場合はお電話ください